<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

まだ、耳のこと。②

房耳を作っているのは、

綜絖とは別のこちらの装置です↓↓
c0271012_08315092.jpg
これ、
どういう動きをするかというと、、、

①枚目の
  \\\\
  ////


②枚目の
  ////
  \\\\

の部を通っている糸A

前にある棒に通っている糸Bがあって、


糸Aが右いったり、
c0271012_08414679.jpg
左いったり、
c0271012_08421135.jpg
します!!

ということは、

それに緯糸が
交わるから、、、

絡み織りの『紗』の組織になります!
c0271012_08452438.jpg
房耳を作るタテ糸は、最大4本でしか留めることができないので、

タテとヨコの交差だけでは留めが甘くなります。

ゆえに、
絡めてしっかり留める!!

という構造をとっています。

いやはや、耳といえど奥が深いな〜。




c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-28 08:57 | Comments(0)

まだ、耳のこと。①

マイペースなのは、
耳切カッターだけではないです。

房耳もマイペースなのです。

というのも、房耳は
生地とは別の方法で織られています。
c0271012_08280751.jpg

なぜかというと、

房耳ってフサフサしてるので、

房耳回収ボックスまでの道のりで

糸がパラパラ外れないようにしっかり留めないといけない。

回収ボックスまでに
織り前の裏側にあるこんなローラーや
c0271012_08323067.jpg
手前にあるこんなローラーに
c0271012_08343593.jpg
挟まれつつ、

回収ボックスへ。

生地密度を保つために、隠れたところのローラーが大事なのです。

なので、

生地と同じように房耳もローラーに挟まれてゆきます。


それゆえ!
この険しいローラーロードを房耳が通る際、
糸がパラパラ外れないようにしっかり留める必要があるのです。

さて、どういう織りをしてるのか??

これは、明日につづきます!!

今週は、なにげに房耳week!!

c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-27 08:47 | Comments(0)

耳のこと。②

さーさー、

どうしよう???

このくっついた耳たち。
c0271012_08213344.jpg
地道にハサミで切って、、、
c0271012_08250647.jpg
左右両方あるので、結構大変。

1m、2mくらいなら
全然問題ないのですが、

この生地の風合いの虜になられたお客さんが
ちらほら、

ということで、

最近20〜30mの受注を頂くことがちらほら。

となると!!

『ハサミ』では、どうも埒があかなく、、、(**;)腱鞘炎になりかねない!?

ということで、

OKDの
c0271012_08341103.jpg
電動カッター!!


c0271012_08350482.jpg
ズバババッ!!!っと、
切っていってくれます。

これ、すごく良いです◎◎


でも、
手にもってやるので、半手動なんですがね。(^^;)

今後にそなえて、
更なる効率化を目指さねば!!!




c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-26 08:45 | Comments(0)

耳のこと。①

OKDで扱っている織機は

『レピア』

ゆえに

生地の耳(端っこ)はこのような感じになります。
c0271012_08353655.jpg
生地と房耳が分かれて織れてゆくのです。

そう、生地と房耳がわかれて

って、でも
オサを打ったときは
この房耳と生地はくっついてます

それをわけてくれるのが、
この耳切りカッター!!
c0271012_08403220.jpg
おっと遠い。
これです!!
c0271012_08420242.jpg
生地の両端についてて

房耳と生地をわけてくれます。

これが通常なんですが、

『耳切りカッターを外す!』
というイレギュラーな場合もあります。

というのも、

ここの耳切カッターはマイペース

どんな糸に対しても同じペースで切っていきます。

ゆえに、

最近OKDでちょっとブームな10mm和紙糸を使うと
どおもうまいこと噛み合ってくれない。

ということで、
耳切カッターを外して10mm和紙糸の生地は織っております。
c0271012_08472886.jpg

でも、織れるのはいいけど

加工するときは
このフサフサしたままの耳じゃ、できない。。。

ど、どーーーしよ!!!

つづく。。。

c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-25 08:56 | Comments(0)

たまには、、、

最近、巷で流行っている占いがあるらしい。

ということで、
やってみました!
(結構、ミーハーです。)

フィンランドの政府観光局がやっているもので、

『フィンランドに住む人々の特徴にちなんだ占い』

フィンスコープ
http://www.visitfinland.com/finnscope/ja/

生年月日を入れまして、、、

私の結果は、

c0271012_08425802.png
アリタイプらしい。キリギリスじゃなくてよかった。
今の自分には、ぴったりな!?


ついでに、
昨日誕生日だった師匠のも調べてみたら
c0271012_08454533.png
わかるわかる!!
最後の一句がなんともいえない。笑

『サインについてもっと読む』を押すと
その占い結果ごとに
オススメのフィンランド情報
をまとめたサイトに飛ぶので
こちらもとても楽しかったです〜!

お話のネタにぜひ!


c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-24 08:54 | Comments(0)

強制休暇。


先週末、

師匠からこんなことを言われました。

休むか辞めるか、どっちかや!!


え!!
辞めるって。。。

最近、疲れたオーラを発してた私を見て

急にこんなことを言われました。


極端すぎる。



『休め』と言われても休まないからか、

『辞めろ』と言われてしまいました。


ということで、

3日間お休みをいただきました。


辞めろ!と言われたときは、ちょっとショックでしたが、

回復して今はお休みを頂けたことがとてもありがたいなと。

人ありきで仕事を考えてくれている師匠に感謝です。



さ!!復活したので、
今日からまたEnjoy Weaving〜!!




c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-23 08:45 | Comments(0)

【告知】播州織素材展2015

来週の
25日(水)、26日(木)に

『播州織素材展2015〜産地直想〜』
c0271012_08430899.jpg
が神戸のポートピアホテルにて
開催されます〜!

お久しぶりの展示会です(V)!

今回は、

最近ブログで書いてる縮絨を使ったウール系の生地や

定番化しつつある
1mm、4mm、10mm
和紙生地

ベーシックな無地の生地

など、、、
いろいろ。

弊社は多品種小ロット生産なので、

1mくらいからの受注もお受けしております!!

ぜひぜひ、
布音を聞きにお越し下さいませ〜🎵



『播州織素材展2015〜産地直想〜』
http://www.banshuori-expo.com/2015/

2月25日(水)11:00〜18:00
  26日(木)10:00〜17:00

神戸ポートピアホテル 南館1階 大輪田
〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-10-1 



c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-19 08:56 | Comments(0)

やっとこさ!!

年明けてから
初めて担当させて頂いたお客さんの生地を

やっとこ、昨日から織り始めることができました!!

いろいろあったので、織り出したときはとても感慨深かったです。

その『いろいろ』について

c0271012_08453603.jpg
この流れだったので、
師匠はお客さんと会話しつつ、
生地の擦り合わせをしていたわけです。
なので、私は師匠の言う通り生地を作っていました。

でも!
今回は、
お客さんとのやり取りは、!!
ゆえに、
お客さんの要望を私が師匠に伝える感じでした。

なので、お客さんの意見を聞くと

あーだこーだと勝手に私の中でも考えるわけです。

そこで、
こうなるわけなのです。
c0271012_08484900.jpg
師匠は何百人とお客さん対応をされているし、
織りの経験もすごい、

ので、だいたいわかるのですが、

私はまだまだ経験浅い。

でも、でも、です。

いろいろ考えるわけです。

そこで、

師匠とバトルわけです。

いやはや、

大変でしたが、
そこで
師匠のお客さんとのやり取り、
生地作りのことなど、
いろいろ理解することが出来ました。

まだまだですが、

ぶつかりつつ、
お客さんに喜んでもらえるような生地を作りたい。



c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-18 08:57 | Comments(0)

これも!!

昨日は、

出勤して早々に、

『11号、針落ちしたから直しといて(V)!』

と。

あ、はい。

・・・


ん!?


ハイ!?

となるわけです。

過去ブログでも、
よく『針落ち』のことはよく書いてますが、

例えば、
2号針落ち
http://mananano.exblog.jp/22657994/

5号針落ち
http://mananano.exblog.jp/22663408/

とか、、、

OKDでは、

織機4種類

ジャカードも4種類(口数でわけると5種類)あり、


『針落ち』といえど、
それぞれ直し方が違う。

で!!

今回の11号は、
また別のタイプで
『単動の電子ジャカード』
c0271012_08271670.jpg
今回は本当に一人で任されました。

今までに何回かやってますが、いつも師匠とやってたので、

え!?一人!?

でも、できそうな気がする、、、というなんかわからん自信をもってやりました。

このジャカードは900口の電子ジャカード
c0271012_08380387.jpg
このカセット1個で
900本(+α)の針のうちマックス48本(1列12本×4列分)の針の動きを制御しています。

作業としては、

針落ちした針が該当するカセットを交換する!

というもの。

ささ!2階へ上って

該当する針のカセット交換を。
c0271012_08334257.jpg
の前に、
どのカセットを外したら良いか
針確認から。
c0271012_08410560.jpg

こちらも、
今までのスパルタン指導のおかげで?

一人でできるようになりました!

最近、
一人でできることが多くなってきて、
とっても嬉しいです。

でも、
師匠いわく
まだまだこれは『表面的なこと』。

もっと奥深い部分までできてこそ。

機屋人生、まだまだ長し!



c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-17 08:50 | Comments(0)

縮絨加減は・・・

加工段階ももちろんですが、

糸の段階でもかわってきます!

というのも、

生糸なのか、色糸なのか、

はたまた、

糸の番手(太さ)は?

はたまたまた、

毛の種類は??

なんて、

いろんな要因が
合わさって
縮絨加減がかわります。


いろいろ、

試せば試すほど

違った表情が出てきます。

縮絨加減を極めるのは、まだまだ時間がかかりそう。

経験をつみつつ、知識もつけつつ、

じっくりやってきたいです。

c0271012_08524453.jpg


c0271012_09462436.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by hatayamanana | 2015-02-16 08:57 | Comments(0)


播州 大城戸織布 機屋見習いの日常。


by hatayamanana

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
機屋的 あれこれ
機屋的 イベンド
未分類

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

布とお茶を巡る旅
ぬるぅい畑生活
『Bumpkins pu...
白 灯
手足をのばしてパタパタする
器 暮らしの道具 フクギドウ
独華陶邑お知らせ
手染めと糸のワークショップ 
帽子工房 布布
ARTIST APART...
溝呂木一美の仕事と趣味と...
蜜柑のマメトコナ日記
まもる日記
たえかのチャットダイアリー

最新のコメント

> 某鉄工所さん そう..
by hatayamanana at 08:12
こてら商店に相談してみて..
by 某鉄工所 at 09:47
> Phiaro-Kur..
by hatayamanana at 08:15

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

画像一覧